2013年個人的ゲキヤバジャケ特集

2013年...それは激震の年でありました。

HATEが誕生し今まではリスナーであったぼくも作り手に回ることになり、また今までとは違う世界に入り込んだ感覚を覚えました。ほうほう、これがサークル側か...。なるほどね。ふうん。

 

2014年もはじまり、そろそろいろんなレビューサイトで2013年ベストアルバム、ソングが発表されている頃だと思われますが、ぼくはちょっと違った視点から気に入った音源を紹介しようと思います。それも...ゲキヤバジャケ特集!!!

その名の通り、ジャケット―第一印象でググッと惹かれてしまったものを紹介しようというものです。まあ2013年になってジャケを手がけることが多くなって、その影響もあるんですけどね。お陰で今まで以上にジャケ買いするようになった気も...?します。ジャンルはごちゃ混ぜ、メタルの次にブレイクコア!?なんて展開もアリアリです。たまにはいいじゃないか~ジャケ買い!やってみよう、やってみるべし。

 

 

☆順不同、ジャンルごちゃ混ぜです

 

カッコイイ部門

RAXYOR VS SA†AN / From Hell and Back

 

11月(だったっけ?)にMURDER CHANNELよりリリースされたブレイクコアの重鎮たちによるスプリット。これやばすぎでしょ!!!とこのアルバムの情報が解禁されたとき小躍りしました。いやブレイクコア界のビッグネーム、RAXYORとSA†ANのスプリットってだけでもやばいのにジャケが鬼のようにカッコイイ!!!!!何この牛?馬?の頭蓋骨の融合体!良さ。アートワーク製作者Droonによるメイキング画像もありましたが、なんとこれ、イラストではなくて立体。いや~~~実物が見てみたい。音源も最高すぎてションベン漏らしました。ヒィヒィ!

 

https://soundcloud.com/murder-channel/sets/murcd-030-raxyor-vs-sa-an-from/

 

A GHOST OF FLARE / 鼓動

 

AGOFとは2013年春に行われた(ぼくもちょっとデザインでお手伝いした)HELL YEAH!! FEST Vol.3で出会ったのですが、このジャケ見た後おうちに帰るまでニヤケが止まらなかったそうな。その後美食家海原雄山よろしく「このジャケを描いたのは誰だァ!」とのたうちまわったらKAgaMI氏であったことが判明しすごく納得した記憶があります。昨年KAgaMI氏は他にもNocturnal Bloodlust、Hone Your Sence等のジャケも手がけてらっしゃいましたが、その中でも特にぼくはこの鼓動をイチオシします。チョーヤバイ。チョベリグ。

 

http://www.youtube.com/watch?v=AqRfMKX6bcQ

 

GORE TECH / 地球から高層ビル群 - From The Earth To The Skyscrapers -

 

またマダチャン(MURDER CHANNEL)かい!って言われそうだけど、2013年のMURDER CHANNELはほんと恐ろしい程に尖ったビジュアル、サウンドの作品を次々輩出していました...惚れてまう...。そんなマダチャンが昨年6月にリリースしたコチラ!若手ながらヨーロッパで大反響を巻き起こしているCrossbreed、Darkstep系アーティスト、GORE TECHのアルバム!どうです、この天に向かって光り輝くビル群!めっちゃかっこよくね!?!?このサイトはHATEのジャンル上、メタラーが多く訪れると思われますが、そんなメタルキッズにもオススメできるGORE TECH、聴いて損はしませんヨ。

 

https://soundcloud.com/murder-channel/sets/murcd-025-gore-tech-from-the/

 

ANOTHER STREAM / Future Tantric Engraved

 

キタ~~~!ボーカル、デザイン、エロマンガと2013年も多方面で大活躍したリブユウキ先生のデザイン!ANOTHER STREAMの新作。ぼくもいつもお世話になってます(お手本的な意味で)。前作Dominate The Overgroundもリブさんデザインでしたが、今回はボーカルにも就任してあちこちで大反響を呼んでましたね。すごすぎ。サインもらっとこ♥前作が退廃世界第一層(地上)だとしたら、今回は退廃世界第二層(魔界)か!?!?!?と思わせるようなエフェクト、デザインが豊富に使用されていてたまりません。まあ、でもね、ぼくはその、これも好きなんだけど、今は夏コミで買ったときについてきたえっちなアナザージャケットをはめてるんですけどね、ヘヘッ

 

http://www.youtube.com/watch?v=-F5zB43Qqsw

Various Artists / 4way Split EP

 

メチャメチャカッチョイイBASSミュージックをリリースしまくる若手ネットレーベル「Antinomie BASS」の1st EP。ぼくも9月にリリースされたコンピのジャケを手がけたり、何度か音源のリリースのお手伝いをしたことがあるアーティスト、Vaenusがここでスプリットを出してたりして、何かと縁があるレーベルです。にしたってなんですかこのドCoolなジャケッツは!拡大して見るとわかりますがなんともセンスあふれるモノクロコラージュ!!!えっこれやばすぎでしょ...。作者のGRNKACK氏のpixivリンクが貼ってありますが、残念ながら今はもうアカウントを削除してしまったようで。残念。

 

http://antinomiebass.bandcamp.com/album/anbass-001-4way-split-ep

 

 

つ~わけで、今回はカッコイイ部門で占めてみました。

いや~ほんと滅茶苦茶グッとくるアートワークばかり溢れてて幸せです。

では今回は熊野さんがぼくのことを呼んでるのでこの辺りで。

んじゃまたそのうち~~~~~。サヨナラ!(爆散)